お知らせ

「走る豚」の幸せな生き方

こんにちは。熊本のママトコです。ママトコ(ママと子)は、「お母さんがこどもに安心して食べられる」優しく豊かな食生活を提案しているお肉屋さん&レストランです。

ママトコレストランのメニューで大人気でもある熊本県産豚肉「走る豚」をこの度取材してきました!美味しい秘密が明らかに!

こんなに広々!本当に、豚が走っている!!


生産者の武藤さんは、「生きている間は豚の生き方を尊重させたい」という想いの中、豚舎にぎゅうぎゅうに入れて育てるのではなく、のびのび自由に放し飼いをして育てています。

広大な森に点在する放牧地で走り回っている豚を見ると、心が穏やかになってきます。武藤さんの話によると、豚のしっぽが「くるっ」となっているのは、調子が良い子だそうです。(私が取材した日は、みんな調子の良い子ばかりでした!)

確かにしっぽがくるっとなっている!

養豚場だと「病気」を豚舎に入れないように、外気からしっかりと遮断をするようですが、この「やまあい村」では、放牧させることで自分自身の免疫力を上げ、自分で治すようです。健康で病気知らず、「抗生物質」「ホルモン剤不使用」の薬いらずの元気な豚ばかりです。

私が取材した日は、冬の日でしたので、ひなたぼっこを楽しんでいる姿の豚があちらこちらに。養豚場ではできない「日光を浴びさせる」ことで、皮膚の中でビタミンDを作れるそうです!だから、走る豚の豚肉には「ビタミンDがたっぷり!」なんですね。納得。あと、日光浴をすることで気分が落ち込まなくなるとのこと。人間と同じですね。

走る豚は、自由に放牧させているため、おなかが空いたら、草の根っこを食べたり、落ちているどんぐりを食べたり。そして、武藤さんが与えている飼料は、非遺伝子組み換えの食べ物ばかり。トウモロコシ、麦、米ぬか、熊本県大津のサツマイモを与えています。あと、「炭」も!「炭」を一緒に混ぜることで、乳酸菌を増やせるそうです!驚きです!!

健康的な豚肉を食べることで、必然的に人間も健康になりますね。

根っこのデンプン質を自分で採っています

広大な場所で、自然なものを好きなときに食べ、自由に動きまわって、疲れたら暖かいお日様の下でお昼寝する。

「ここで育てられる豚たちはなんて幸せなんだろう。」

と思わずにはいられませんでした。

私たちの食生活のために生きている動物たちの一生が幸せかどうか。

「美味しい」だけでなく、動物たちの「生き方」「育て方」にも私たちママトコと同じようにたくさんの方に共感していただけたら嬉しいなと思って、今回「走る豚食べ比べお試しセット」を商品として作りました。

「いのち」をいただくことに感謝しながら、「走る豚」をご賞味ください。

▶▶「走る豚の食べ比べお試しセット」のページはコチラ 

▼NEWS▼

2019年1月14日の毎日新聞にママトコの「走る豚」が掲載されました。

「お母さんがこどもに食べさせたい安心・安全なハンバーグ」

 隣接する熊本ミートセンターから工場直送!熊本県産のnon-GMO牛(遺伝子組み換えでない飼料で一定期間育った牛)のハンバーグは、お肉を粗挽きにし、塩麹で旨味を引き出しているので、ぎっしりとしたお肉本来の味と食感が楽しめます。

味がついているので、ソースなしでもOK。もちろん、調味目的の食品添加物や保存料は不使用です。ママトコは、「お母さんがこどもに安心して食べさせられる」優しく豊かな食生活を提案します。

【初回限定】  

▼ハンバーグお試しセット▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です